読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オルニパワーZnプラス

オルニパワーZnプラスの紹介情報サイトブログです。

「オルニパワーZnプラス」で肝臓と腎臓の働きをサポート。

業界トップクラスのオルニチンサプリ オルニパワーZnプラス
↓↓↓
お酒好きのあなたに!オルニチンサプリ オルニパワーZnプラスの詳細はこちら

オルニチンを業界トップクラス800mg配合! よく飲む方、数値が悪い方に大人気商品!オルニパワーZnプラスはこちら


お酒好きのあなたに!オルニチンサプリ オルニパワーZnプラスの詳細はこちら

自然の恵みを凝縮したオルニチンサプリ。 厳選した成分を贅沢に配合し、圧倒的な実感力を実現 ┌──────────────────────────┐  ◆ オルニパワーZnプラスのオルニチンと亜鉛の肝臓効果 └──────────────────────────┘ 肝臓の疲労回復に効果があることで人気のオルニチン。 実は、腎臓や脳にもいいんです。 オルニチンは、シジミに多く含まれているアミノ酸。 疲労の元となるアンモニアを無害な尿素に分解するオルニチンサイクル (尿素回路)に使われる栄養素です。 この分解行程は肝臓で行われるため、オルニチンを摂取することは、 肝臓の働きを助けることになります。 そのため、シジミを食べると肝臓にいいといわれてきました。 また、オルニチンは肝臓の機能を高めることで、腎臓の負担を軽減し、 アンモニアを効率的に体外に排出することで、 体全体の疲労感を軽減します。 さらに、体内でのアンモニア分解が正常に行われるため、 脳の神経伝達障害や機能障害を防ぐことができます。 オルニチンは、肝臓と腎臓の働きをサポートすることによって、 疲労回復や睡眠の質を改善することに加え、 有毒なアンモニアから脳を守り、頭がすっきりさせたり、 集中力のアップもサポートします。 食事からオルニチンをとるには、 シジミやマグロなどをたくさん食べればいいのですが、 オルニチンの摂取量目安は、1日あたり500~1000mgくらい。 シジミやマグロだけで1日の摂取目安量をとるのは現実的ではありません。 シジミやマグロには、重金属など、体に悪い物質も含まれているので、 栄養補助食品サプリメントでとるのが手軽です。 注意したいのは、サプリメントの過剰摂取。 オルニチンのようなアミノ酸を単体で過剰にとるのは、 アミノ酸のインバランスといわれる弊害を起こす可能性があります。 単体で特定のアミノ酸だけを多くなると、 タンパク質を合成できなくなる弊害を引き起こす可能性があるのです。 ですから、栄養素は1日の摂取目安を超えないように注意したいところです。 多ければいいというわけではありません。 ただ、栄養素は単体でとるより、複数の栄養素を同時に摂取した方が 吸収されやすいので、シジミなどの天然素材のように、 多くの栄養素を含んだサプリメントがおすすめです。 オルニチンをとるなら、シジミやマグロ、牡蠣といった、 天然の食材が含んでいる栄養素も同時にとれるものがいい。 オルニパワーZnプラスには、オルニチンが1日の摂取目安内の800mgも 含まれています。 さらに、シジミの栄養素がたっぷりのシジミエキスも配合されています。 その上さらに、海のミルク牡蠣の主要成分亜鉛が、 1日の摂取目安の10mg+2mgの12mg、 ビタミンCの約6000倍の抗酸化作用を持つといわれるアスタキサンチンも 配合されています。 もちろん、牡蠣の主要成分が含まれた牡蠣肉エキスも使用。 体に必要な必須アミノ酸がすべて含まれていて、 たんぱく質も豊富も豊富なシジミや牡蠣の成分に、 ビタミンCの約6000倍の抗酸化作用を持つといわれるアスタキサンチン も同時にとれるのが、オルニパワーZnプラス。 シジミが体の回復に効果があるとされたのは、 さまざまな栄養素が豊富に含まれているからです。 偏った食事がよくないように、 栄養素は単体でとるより、複数の栄養素を同時に摂取した方が 吸収されやすいのです。 オルニパワーZnプラスに含まれているオルニチンは、 オルニチンサイクルで有害なアンモニアの解毒を促します。 シジミのオルニチンと牡蠣の亜鉛、シジミエキスと牡蠣肉エキス、 優れた抗酸化作用のあるアスタキサンチンが、 肝臓と腎臓の働きをサポートし、脳の働きもサポートします。 [シジミの栄養素] イソロイシンロイシン、リジン、メチオニン、 フェルニルアラニン、スレオニントリプトファン、 バリン、ヒスチジン亜鉛マグネシウムタウリン、オルニチン、 リジン、ナイアシンプロリンアスパラギン、 セリン、アルギニン、アラニン、グルタミン酸コハク酸、ビタミンB6、ビタミンB2ビタミンB12、 カルシウム、鉄分、葉酸、シスチン、チロシングリシンビタミンE、グリコーゲン、 [牡蠣の栄養素] グリコーゲン、アルギニン、リジン、ヒルチジン、 フェニルアラニンチロシンロイシンイソロイシンメチオニン、バリン、アラニン、グリシンプロリングルタミン酸、セリン、スレオニンアスパラギン酸、 トリプトファン、シスチン、タウリン亜鉛、ナトリウム、 カルシウム、鉄、カリウム、リン、マグネシウム、 銅、マンガンヨウ素セレン、リチウム、コバルト、 ビタミンB1ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12葉酸、ビオチン、イノシトール、コリン [4粒中] ------------------------------------------------------------------ オルニチン 800mg 亜鉛 12mg アスタキサンチン含有 ------------------------------------------------------------------ [全成分] ------------------------------------------------------------------ L-オルニチン塩酸塩、亜鉛含有酵母、かき肉エキス、ゼラチン、砂糖、 デキストリン、シジミエキス/結晶セルロース、グルコン酸亜鉛ステアリン酸カルシウム、ヘマトコッカス藻色素、 L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル、微粒二酸化ケイ素、 d-αトコフェロール ------------------------------------------------------------------ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ヘパリーゼ協和発酵のオルニチンより効果がありそうです。 配合量などから見ると商品価格も安く、 シジミエキスと牡蠣肉エキスが使われているので、差別化できます。 牡蠣は広島産を使用。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━